クリエイターがもっと評価される世の中になるべき

アソビシステムの中川社長のインタビュー記事。

アソビシステムは、面白いですよね。

記事の中にもありますが、決めごとが少ないのがわかります。きゃりーぱみゅぱみゅはもちろんだけど、Licaxxxとか見ててもすごく自由なイメージがある。

クリエイターがもっと評価される世の中になるべき

記事全体おもしろかったが、特に下記の部分がよかった。

中川:日本って歌った歌手の名前が主に前に出るじゃないですか。それしか出ないことも多々あって。でも、曲を作った人も、映像を作った人も、ダンサーも、スタイリストも前に出るべきですよねって。クリエイターがもっと評価される世の中になるべきだと。その意味では、トラックメイカーやDJってすごく重要な立ち位置となりますよね。そこから、クリエイティブが広がっていくので。それこそ、作品のアグリゲーター(配信元へと繋ぐ役割)であるTunecoreもオーディションのチームにはいます。そこから、スターを作らなければいけないなって思ってますね。

共感。

私は好きなバンドのMVを見ても、それに関わったクリエイターのすべてが気になる。1つの作品はいろんなクリエイターのコラボだから、メインの人だけを見てても深く感じることができない。

逆に関わったクリエイターがクレジットされていると、全員のSNSがないか探して、あったらすべての作品を見たり聴いたりする。

クリエイター自身が拡げてくれる

あと、最近はクリエイター自身もフォロワーがたくさんいたりしたりするので、クリエイターを隠さず、一緒に作品を広めるようにすることができる。

自分自身のメディアを持つことで、いろんなことが変わってきているなぁと思う。

あ、本質的には変わってないのか。バランスが変わっただけかもね。




0コメント

  • 1000 / 1000